Contact Form 7 を使ってお問い合わせフォームを作ってみたよ

Web関連

こんにちは、るんです。

WordPressでブログを書いている人は、 Contact Form 7  というプラグインを利用することで簡単にお問い合わせフォームを作成することができます。
今回は Contact Form 7  を利用して、お問い合わせページを作る流れをまとめていきます。

スポンサーリンク

まずは Contact Form 7  プラグインを有効化しよう

まずは Contact Form 7  というプラグインを新規追加して、有効化します。

Contact Form 7
Just another contact form plugin for WordPress. Simple but flexible.

↑Contact Form 7 のサイトです。
使い方の説明なども丁寧にされているので、困ったときは確認してみるといいです。
日本語なので、安心ですよ。

お問い合わせフォームの設定をしよう

Contact Form 7を有効化すると、ダッシュボードに「お問い合わせ」の項目が追加されていると思います。
新規追加で追加してもよいですが、初期状態で、すでにコンタクトフォーム1が用意されているはずなので、今回はそのコンタクトフォーム1を編集して利用していこうと思います。
コンタクトフォーム1にカーソルを合わせると、編集と複製を選択できるようになるので、編集を選択します。

コンタクトフォームの編集では、いくつかの項目を設定できます。
それでは、順番に確認していきましょう。
まずは、フォームタブから。
フォームタブでは、アンケートのフォーム(項目)を設定できます。
↓これが初期状態です。

初期状態でも、お名前、メールアドレス、題名、メッセージ本文の入力フォームが用意されているので、これだけでも十分ですねぇ。
必要に応じて、項目を調整してみてください。
多少HTMLの知識があった方が良いですが、なくても調べながらできると思います。

今回、私は「お名前(必須)」の部分を「お名前(ニックネーム可)(必須)」というように、「(ニックネーム可)」を追加してみました。

お問い合わせ送信先の設定をしよう

次に、コンタクトフォームの編集のメールタブを確認しましょう。
Contact Form 7 では、フォームに入力された内容はメールで送られてきます。
メールタブでは、このフォームの内容をどのメールに送信するかを設定できます。
基本的には、初期状態のままで問題ないかと思います。

送信先のメールアドレスに関しては、専用のメールアドレスを用意して管理しておくとラクかもしれません。
オリジナルのメールアドレスの作成方法に関してはこちらの記事を参考にしてみてください↓

メッセージの設定

メッセージタブでは、フォームの内容送信時などに表示されるメッセージの変更をすることができます。
基本的にはデフォルトのままで大丈夫だと思います。
変更したい場合は、お好みで設定してみましょう。

お問い合わせページを固定ページで作成しよう

各種設定が終わったら、「このショートコードをコピーして、投稿、固定ページ、またはテキストウィジェットの内容にペーストしてください: 」と書かれている部分の下のショートコードをコピーします。
そして、固定ページを新規作成して、ペースト(貼り付け)をします。
こんな感じです↓

まとめ

↑これが当サイトのお問い合わせページです。
固定ページでショートコードを張り付ける際に、ショートコードの上に段落を追加して、メッセージを書いておくことで、当サイトのようなお問い合わせページを簡単に作ることができますよ。

ドロップダウンメニューなどの他の項目を使いこなそうと思うと、少し専門的な知識があった方が良いですが、今回のようなお問い合わせフォームであれば、ほぼ初期設定のままでできるので、HTMLなどの専門知識のない方でも、比較的すんなりと作れると思います。
お問い合わせフォームはあると便利なので、ぜひ作ってみてくださいねぇ。

それでは、このへんで。
またお会いしましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました